混合廃棄物やその他の廃棄物について|廃棄物の扱いや処理方法を知る

リサイクル可能な産廃物

作業員

廃油は、リサイクル可能な物質として知られています。主に、再生重油等の再生燃料として再利用されています。他にも、再生潤滑油やろうそくの原料などにも扱われています。ちなみに廃油は、「事業活動に伴って生じた廃棄物」と定義づけられた物質のことを言います。主に鉱物性油や潤滑油、洗浄油、溶剤などが当てはまります。扱いには十分な注意が必要であるため、保管や運搬は廃掃法、消防法などで規制されています。

産業廃棄物や石油化学製品などの扱いを専門としている会社の大半は、廃油の処理やリサイクルなども行なっています。依頼を受けた場所や廃油を収集に行き、預かった廃油はその成分や性状に応じて仕分けされます。仕分け先は「再生重油化」、「補助燃料化」、「潤滑油再生」の3つです。仕分け後の処理方法は、それぞれ異なります。再生重油化された廃油は精製後遠心分離されます。補助燃料化された廃油は混合調整、潤滑油再生された廃油は不純物吸着された後、濾過されます。これら3通りの処理方法で処理された物質は、製品分析された後製品納入へと進んでいきます。

廃油を含む産業廃棄物の処理や扱いを専門としている会社の中には、廃油を買い取ってくれるところもあります。もちろん廃油の状態次第となりますが、もし買い取ってもらえなかったとしても無償で回収してくれるので、依頼側としては大変好都合と言えるでしょう。事業内容やサービス内容は会社によって異なるので、WEBサイトや問い合わせなどを使っていくつかの専門会社を調べてみると良いでしょう。