混合廃棄物やその他の廃棄物について|廃棄物の扱いや処理方法を知る

産廃処理の流れ

工場

産業廃棄物のことを、省略して「産廃」と言うことがあります。「産廃処理」とは、文字通り「産業廃棄物の処理」という意味です。ちなみに産業廃棄物は、事業活動によって排出された、使用済みの紙コップや不要なコピー紙、割れたガラスコップ、洗剤のポリ容器などが当てはまります。ここで言う事業活動には、地域団体や学校、自治体などの活動も含まれています。

産業廃棄物の処理、いわゆる「産廃処理」は、基本的に3つの過程からなります。まず、対象となる産業廃棄物が排出事業所を通して、中間処理施設や最終処分場などへ運ばれます。この流れのことを「収集運搬」と言います。収集運搬後、最終処分場で産業廃棄物が容量を減量されたり、有害な廃棄物の無害化がされたりします。この処理のことを「中間処理」と言います。処理方法は施設によって異なります。代表的な処理方法に、焼却や粉砕、中和などがあります。そして最後の工程として、再利用不可とみなされた産業廃棄物は減容化され、最終処分場に埋め立てられます。これが産廃処理における3つの過程の一連の流れです。ちなみに、最終処分場には、3つのタイプがあります。「管理型最終処分場」、「遮断型最終処分場」、「安定型最終処分場」の3タイプです。

産廃処理を専門的に行なっている会社は、全国に何社も存在します。これらの会社の大半が自社のWEBサイトを持っているので、産廃処理に関する情報を得たい人は、一度サイトを探してみるとよいでしょう。廃棄物の種類や産廃処理の流れ、資源リサイクルに関することなど、様々な情報が掲載されています。